購入時気を付けること

購入時気を付けること

赤ちゃん赤ちゃんの肌は繊細です。うまれたばかりだと、大人ほど皮膚への刺激に、耐性がないのです。新生児は少し布が擦れただけでも、かゆみを感じる原因になります。特に、大人の方でもアトピーの方は経験したことのある人もいるのではないでしょうか。服の裏を見てみると布と布の縫い目がありますが、新生児はこの縫い目がゴワゴワしている場合にも不快感を及ぼすほど敏感肌であると言われています。したがって、新生児の服であるロンパースを含めて、服を購入する際には気を付けておかなければならないことがあります。

また、新生児の首の状態がまだ、首に力が入って居ない場合は、寝かせたまま着替えさせることが可能な、前開きにすると良いとされています。服を買う際にはどうしても、大きめの服を買おうとする方も少なくありません。確かにせっかく買うのであれば、長く着られるにこしたことはないと言えるでしょう。しかし、実際に来ている新生児にとってみれば、服のサイズが自分の体に合っていないものであると、ゴワゴワと感じやすく、布擦れによるかゆみが出てしまうこともあるのです。このようにならないように、服を購入する際には、きちんと赤ちゃんに合うサイズを調べてから、合うものを買うようにしてください。

ロンパースの着せ方

コンビ肌着について
出典元 〔ベビー服新生児肌着 | チャックルベビー通販サイト

大人でも子供でも季節によって、長袖を着たり、半袖を着たりします。なぜ、このように服を着ていくのかというと、それは体温を一定に保持するためになります。冬の時期に半袖を着ると、腕の露出度が高いため、腕が出ている部分も冷えます。加えて、夏の暑い時期に着られる半袖は通気性の良い素材を使用しているため、余計に服の中に風が取り込まれて、体が冷えてしまいます。子供もある程度発達すると、自分の体の温度を一定に保つ体温調節機能が発達するようになります。しかし、生まれたばかりの新生児である場合は、そうはいきません。まだ、体の調節機能も発達しておらず、当然、自分で体温調節をすることは難しいと言えるでしょう

このことからも分かるように、服を着ることによる体温を保持が必要となるのです。そのためロンパースを着せる際にも、その日の気温と相談しながら着ていく必要があります。たとえば、冬の寒い時期であれば、ロンパースはフリーズやニットなど温かさを保持できるような厚手の生地のロンパースを選びましょう。赤ちゃんは免疫力も不足しがちで、風邪もひきやすいです。したがって、冬は着こんでいきましょう。夏の暑い時期は反対に、通気性の良い綿を素材としたものを選ぶと、良いと言われています。購入時気をつけることについて最後に説明します。

ロンパースとは何か

前開きのロンパース子供を持つお母さんにとっては、ロンパースは見慣れた服であると言えるでしょう。赤ちゃんの段階では、首にもきちんと力が入らない状態となっています。また、歩くことが難しいため、服を着替えさせる時も立って着替えるのではなく、寝かせたまま着替えさせるのが一般的です。ロンパースとは赤ちゃんに着せるための服のことを指し、見た目は上下が繋がっていて、つなぎのような形になっています。赤ちゃんのうちに着られるロンパースは前開きのできるものと、頭から着るものの主に2種が存在します。赤ちゃんの首がまだ据わっていない場合は、前開きで着せられるものを選びましょう。

新生児は肌が弱く、少しのことが原因ですぐに発疹ができることもあるでしょう。したがって、ロンパースの生地には、通気性の良い素材であるコットンが使われることが多いとされています。体を外敵から保護する役割も担っているロンパースは、すべてが統一されたデザインというわけではありません。そのため、デザインも生地の色1色のシンプルデザインから、キャラクターがデザインされたロンパースまで幅広く購入できます。ロンパースの購入を検討する場合には、赤ちゃんのサイズを踏まえながら、体に合ったロンパースを探していくことをおすすめします。続いては、ロンパースの着せ方について説明します。

新生児服を選ぶときに

赤ちゃん生まれたばかりの新生児は体の各機能が、発達していない状態であると言えます。したがって、ある程度成長すると発達する体温調節機能も使えないのです。大人の場合であれば、少し寒さを感じても、その気温に合わせて体が体温を上げようとします。しかし、新生児の場合はそうはいかず、そのままにしてしまうと、体温が下がってしまいます。新生児の健康を維持するためにも、ロンパースを選ぶ際には、どんなことに気を付けて購入したら良いか見ていきましょう

ロンパースは新生児のうちに良く着られる新生児服になります。デザインはシンプルにデザインされたものから、柄がプリントされているものなどさまざまです。また、新生児の肌は特に敏感ため、なるべく肌にとって低刺激な布地を使っている場合が、多いと言われています。このように、赤ちゃんのために設計された服であるロンパースも着るときや、買う時にはそのときの温度に気を遣いながら着せていかなければなりません。ロンパースと一言で言っても、冬の時期にぴったりなフリーズ素材などの厚手の生地が、使われているものもあります。反対に、夏は半袖で、通気性にも優れているロンパースも存在するのです。したがって、体温調節機能が未発達な新生児にとって、服による体温調節はとても重要なこと言えます。

初めて赤ちゃんを産んで、これから育てるという方もいるでしょう。初めのうちどうしても、服のことを含めて分からないことだらけであると言えます。ここでは、そんな方にとってヒントとるようなことを紹介しています。ロンパースの購入や着回し方にお悩みの方にとって、少しでも助けになれば幸いでございます。